キャロルハーモニー隊。【2】
歌を歌っていくために一番大事な呼吸法!

この呼吸法を上手にマスターできればすぐに声は出ます!

今日もそんな呼吸法第二段をお教えしましょう!


「呼吸法 パート2」


◎フレージングブレス

曲には強弱記号だったり一定の量ではなくフレーズによって強さ速さを変えなくてはなりません。

同じ呼吸の量で歌っていては強弱記号がつかないのです。

例えば、
・クレッシェンド(だんだん音量を大きくする)になっていく所は息の量を強く吐く。
・デクレッシェンド(だんだん音量を小さくする)になっていく所は息の量を少なく吐く。

これは全てお腹(横隔膜)で調整をしていきます。

そのためには、どんな方法で練習をしていった方が良いのでしょうか。


まず、一つの大きな壷を想像して下さい!

壷は頭の部分が細く、下に下りていくにつれ真ん中の部分はだんだん大きくなり底はまた小さくなっていきます。

その壷を自分の体にあてはめてください。

両手を上に上げ自分の体にそって壷を描いてみましょう!

そして、上から壷を書いたときに壷の形にそって息を吐いていきます。

出来れば、その時に壷と同じ形で息の量を調整しながら吐いてみて下さい!

頭の部分は息の量を少なめから吐いてみて、壷が膨らみかけてきたら息の量も強く吐きます。

底の部分にきたら壷は小さくなっていくので優しく少ない息の量で吐ききりましょう。


これを繰り返す事で息の出し方の加減がわかり強弱記号がつけやすくなります。

(ポイント)
・壷が膨らんでき始めたら膨らむ少し前からお腹に力を入れ準備を早くする(お腹をへこませ横隔膜を横に広げる感じ)
・底の部分にきたら息を包み込むように最後まで丁寧に吐く
・視線は斜め上をみて肩の力は抜く

これを参考にフレージングブレスをやってみてくださいね!

次回は、体、顔のどこの部分で音(共鳴)を感じ声を出しているのか、大事な共鳴についてお話しをさせて頂きます。

お楽しみに!



Yucca
| キャロルハーモニー隊。 |
Yucca official site