キャロルハーモニー隊
本日、2回目のお教室・・・


今日は2回目と言うこともあり、前回よりも大分、皆さんの緊張はとけた様子で、笑いありの楽しいレッスンとなりました。


ホームページの合唱音源も聴いて自主練をしっかりやって来ていただいたようで、
音程もしっかりと取れていて、声も前に出ていました。


ハモり(下声)のパートは旋律とは違ってメロディと異なった音程で歌わなければないので大変難しいものなんです。


家でしっかりと練習をしてきたつもりが上声のパートを聴きながら歌ってみるとついつい、つられてしまいます。

今日はそんな上声のパートにつられないようにしっかりと、上声と下声とを分けて歌い、合わせて歌いの繰返し練習をしていきながら、耳を良く聞き分けられるような練習をしました。



そして、歌には忘れてはならない抑揚の付け方!

これは、実はブレス(呼吸)の練習をしているときから繋がっていて呼吸のやり方(息の使い方)次第で抑揚を上手にどれだけつけられるかがカギとなります!


なので、今日はしっかりとblogでも書いていますがフレージングブレスを取り入れてやってみました。

あと、もう一つは歌始まりの出だしの言葉を揃えて歌うと言うこともがいかに大事かと言うこと・・・


初めの出だしの音、言葉が揃っていないと次に繋がる音や言葉が崩れてしまい、勢いのない音楽になっしてしまいます。


その為には1、2、3、4、のリズムにのることが大切!


良く数え裏拍を感じて・・・


みんなで何回も何回もタイミング、リズムの取り方を練習しました。

どんどん、どんどん、面白いくらいに皆さんが上達していくのが分かります。


みんなで歌を歌うことは本当に楽しい〜!

みんなで歌を揃えて歌うことは本当に楽しい〜!

みんなでリズムにのって歌を歌うことは本当に楽しい〜!


みんなで呼吸や、まの取り方を合わせて歌を歌うことは本当に楽しい〜!

今回は、全て、
私が指導をさせて頂いておりますが、みなさんがどんどん、声が前に出てきて、顔が生き生きしていくんです。

そんな様子をみていると、
とってもとっても嬉しくレッスンをさせて頂いておりますo(^o^)o・・・



次回ももっと、楽しく、元気にレッスンをしていきましょう!


みなさんがどんどん、変わっていく様子を楽しみにしてます!








| Cross Voce |
キャロルハーモニー隊。【4】
様々な所でクリスマスを感じさせる光景がたくさん見られるようになってきましたね!
クリスマスツリーの点灯式やイルミネーション、町並みから流れてくるクリスマスソング・・・待ち遠しいですね〜!
クリスマスの曲を歌ったり聴いたり・・・今年は楽しいクリスマスにしたいですね!
という事で、「キャロルハーモニー隊4」、本日は母音の発声を勉強していよいよ声作りに入っていきましょう!

「日本語で大切なのは母音!」

日本語は母音を重要視する言語です。
母音をしっかりと発音できるようになれば綺麗な発声でもって歌が歌えるようになります。
日本語をはっきりと聞きやすく発音するためにトレーニングをしていきましょう!

(やり方)

1、舌を歯の裏につけてイ、エ、ア、オ、ウとまずしっかりとしゃべってみましょう!
2、イ、エは横に口を開き、ほっぺたを上げて。
3、ア、オ、ウは口の形は変えず、口の奥を変える。

(注意)
・喉の奥をしっかりとあける(あくびをするように)
・喉で声を出さない(地声を使わずに裏声で)
・その時に、あごや首などに力を入れないように注意!
・軽く眉を上げてみると喉の奥の空間が開きやすくなります。
・途切れ途切れにならず、滑らかに発声してみてください。


これが出来たら今度は、音程をつけて歌ってみましょう!

1、先ずは「ド」の音からイ、エ、ア、オ、ウと歌ってみる。
    (ドの音が分かりずらい人は出しやすい音程で構いません。)

音程をつけるとどうしても発音しやすい言葉、発音しにくい言葉が出てきます。
そのときは鼻濁音で歌ってみましょう!
ngイ、ngエ、ngア、ngオ、ngウというように、そうする事で、滑らかになってきます。

2、イメージとしては新幹線がレールの上をまっすぐ一直線で走っているように感じて歌ってみる
    (ふらふらと声の音色を変えないで同じ響きを保ったまま、全ての母音を発声できるように)

3、半音ずつ音程を上げていきましょう!

(注意)
・口元だけで歌っていると喉が開いていないので声が平べったくなってしまい高音も出ずらくなる
 (喉を開く事で息と声が結びつきやすくどんな母音でも一定の発声ができるようになる)
・しっかりとお腹で呼吸して深い地位から声を出す
・イは喉の奥が閉じやすいのであくびの喉を使う
・舌先には力を入れない


なかなか難しいトレーニングですが母音の練習はしっかりとマスターしていかなければならない、最も大切なものなのでしっかりと練習をしてみてくださいね!



Yucca
| キャロルハーモニー隊。 |
キャロル ハーモニー隊
昨日、第一回目のキャロル ハーモニー隊のレッスンをさせて頂きました。


ほとんどの方が始めてお会いする方ばかりで、皆さん同士も少し緊張した様子でした。


先ずは体をほぐす事から始めリンパケアのやり方で首と肩のストレッチからスタート!


そして、呼吸の練習、リズムの取り方、発声練習と・・・


皆さん一緒に体を動かし、声もだす・・・

歌を歌う!


声を出すことを恥ずかしがっていたら美しいハーモニーは作れません。

姿勢のポイントや歌い方のイメージを教えて歌ってもらうだけでも、
ぐ〜んと声の伸びが違います!

皆さん、どんどよくなっていい声がでるようになってきました!

とっても、楽しそうでした。

そんな姿を見ていたら私もとっても嬉しかったです。


歌は基本の事を少し学んだら、あとはイメージ!

いかに、イメージして体で覚えていくか・・・と言うことです!


こうして、二時間たっぷりとレッスンをしていきました。20121117_103709.jpg


一人では味わうことのできないハーモニーとは、同じ時間を同じ場所でみんなと一緒に一つの物を作り上げていく、そして、やり遂げたときの達成感は最高に気持ちがよいのです!

本番のステージでは感動的なクリスマスコンサートになるよう、頑張って練習をしていきたいと思っています!




| Cross Voce |
「 Cross Voce 第3回目 」
昨日のCross Voce! 練習曲はクリスマスに備えての曲・・・


・「きよしこの夜」
・「サンタが町にやってくる」

の練習をやり始めました。


「きよしこの夜」の曲を2声にハモれるようにアレンジしてもらったので、聖夜の夜にぴったりの美しいハーモニーになりそうです!

ちょうど、12月の練習日がクリスマスの25日なのでキャンドルを灯しながらみんなで歌ってみたいですね!



そして、もう一つ「サンタが町にやってくる」はきよしこの夜と雰囲気をがらりと変えてノリのよいとっても明るい曲です。

ジングルベルの鈴をならしながら笑顔でみんなで楽しく歌いたいと思います!

クリスマスの光り輝く美しいネオンにぴったりですね!


まだまだ、始めたばかり・・・

まずは曲の雰囲気とリズムにのれることが大切!


何度も聞きながら、歌いながら、少しずつみんなで慣れていきましょう!


この2曲は12/2に開催されますコンサート、「Yucca キャロル ハーモニー隊」でも歌っていきます!


お楽しみに・・・o(^o^)o










| Cross Voce |
キャロルハーモニー隊。【3】
11月に入って、めっきり冷え込んで来ましたが皆さん風邪などひいてませんか?
風邪は喉の大敵!外出先から帰ったら必ずうがいをしましょうね。

さてレッスン3回目の今日は体のどこで歌っているのかを意識するために「共鳴」について説明をしましょう!

歌を歌うときはどこで響かせて歌うか・・・

ハーモニーは共鳴が大事です。

自分は常にどこで響かせて歌っているのかをよく感じながら声を出してみて下さい。


[Call And Response]方法

よく山に行くと叫びたくなりますよね!

「ヤッホー!、オーイ!」など・・・気持ちがいいもんです。

今回はその「オーイ!!」と、隣の山まで届くようなイメージでお腹から勢いよく一気に息の流れにのって声を出してみましょう!

1、両足に重心を土踏まずにおく
2、頭、頬、首、胸の順に手をあてて声を出す(少し高めの声で)
3、どこが一番声が響いているかをチェック!

どこが一番響きましたか?

人によって響く場所は異なります。

あなたにとって一番響いたところが共鳴スポットです。

いつでもどこでも声を出して歌うときはその共鳴場所を意識して声を出してみましょう!


その共鳴場所を確認できたら次はハミング練習をしてみましょう!

1、肩の力をぬく
2、鼻をさわって眉毛を上げる
3、口を開いた状態でnga(ンガッ)と3回言ってみましょう

響きの練習を整えるため、ハミングで鼻濁音になる前の音を発声することによって響く声を作ります。


ここ迄は基礎練習をしっかり勉強してきましたが次回からはいよいよ声の出し方、正しい音程の作り方、発声に大切な事など、声をしかっりと出していきますので、今まで教えた所は復習をちゃんとしておいて下さいね!



Yucca
| キャロルハーモニー隊。 |
キャロルハーモニー隊。【2】
歌を歌っていくために一番大事な呼吸法!

この呼吸法を上手にマスターできればすぐに声は出ます!

今日もそんな呼吸法第二段をお教えしましょう!


「呼吸法 パート2」


◎フレージングブレス

曲には強弱記号だったり一定の量ではなくフレーズによって強さ速さを変えなくてはなりません。

同じ呼吸の量で歌っていては強弱記号がつかないのです。

例えば、
・クレッシェンド(だんだん音量を大きくする)になっていく所は息の量を強く吐く。
・デクレッシェンド(だんだん音量を小さくする)になっていく所は息の量を少なく吐く。

これは全てお腹(横隔膜)で調整をしていきます。

そのためには、どんな方法で練習をしていった方が良いのでしょうか。


まず、一つの大きな壷を想像して下さい!

壷は頭の部分が細く、下に下りていくにつれ真ん中の部分はだんだん大きくなり底はまた小さくなっていきます。

その壷を自分の体にあてはめてください。

両手を上に上げ自分の体にそって壷を描いてみましょう!

そして、上から壷を書いたときに壷の形にそって息を吐いていきます。

出来れば、その時に壷と同じ形で息の量を調整しながら吐いてみて下さい!

頭の部分は息の量を少なめから吐いてみて、壷が膨らみかけてきたら息の量も強く吐きます。

底の部分にきたら壷は小さくなっていくので優しく少ない息の量で吐ききりましょう。


これを繰り返す事で息の出し方の加減がわかり強弱記号がつけやすくなります。

(ポイント)
・壷が膨らんでき始めたら膨らむ少し前からお腹に力を入れ準備を早くする(お腹をへこませ横隔膜を横に広げる感じ)
・底の部分にきたら息を包み込むように最後まで丁寧に吐く
・視線は斜め上をみて肩の力は抜く

これを参考にフレージングブレスをやってみてくださいね!

次回は、体、顔のどこの部分で音(共鳴)を感じ声を出しているのか、大事な共鳴についてお話しをさせて頂きます。

お楽しみに!



Yucca
| キャロルハーモニー隊。 |
キャロルハーモニー隊。【1】
皆さん、合唱に興味がわいてきませんか?

素敵なクリスマスコンサートを是非、Yuccaと一緒に歌いましょう!

私が今回、選びましたクリスマス合唱曲は2曲ですが、先ず一つ目は華やかなクリスマスネオンにぴったりで思わずわくわくしてくるような明るい曲の、「サンタが街にやってくる」

そして、二つ目は聖夜の夜にぴったりの曲。3度のハーモニーが美しく、思わず心を浄化させてくれるようなしっとりとした曲は、「きよしこの夜」

この2曲を皆さんと一緒にハーモニーを奏で、穏やかな気持ちになって頂いたり心癒して頂ければと言う思いで選曲させて頂きました。

合唱に興味のある方、やってみたい方は今日からワンポイントアドバイスを連載していきますので是非、トライしてみて下さいね!


まず、楽しく歌を歌うポイントとしましては大きく分けて3つです。

1、呼吸法(腹式呼吸)
2、共鳴(ハミング、母音の作り方)
3、リズム感

この、3つをマスターできれば楽しく歌う事ができますよ!


今回はまず歌う事に最も大切な呼吸法についてレッスンしていきましょう!
呼吸法がマスターできていればもう半分はクリアーできたのも同然です。
一般の人は呼吸が長く続かないので音程が不安定になってしまったり強弱記号がコントロールできなくなってしまったりします。
横隔膜に筋肉をつけて楽な呼吸法で歌を歌っていきましょう。

正しい呼吸をする前に先ずは姿勢よくしてから始めてください。

その姿勢とは、
・肩幅くらいに足を開く
・土踏まずに重心を置く
・手を天井に向かって高く上げ肩甲骨を後ろに引っ張るように手を下ろして胸を張る
・余分な力は抜きましょう(上半身はリラックス、下半身は少し力を入れて)

これで完成。
次は呼吸の練習をゆっくりしていきましょう!


〈大事!〉息は吸う事よりも吐く事が大切!
        
1、鼻から息を吸いおなかをふくらます
2、吐く時は口から吐き、丹田(おへその下)がへこむのを意識する(口を縦に開けてshuスゥーと言う)
3、息がなくなったら素早く吸う(この時、吸うという意識よりも元に戻すというイメージの方が良い)

やり方がわかったら、
・3秒で吐いて1秒で吸う→合計4秒
・5秒で吐いて1秒で吸う→合計6秒
・7秒で吐いて1秒で吸う→合計8秒
と、少しずつ秒数を増 やしていく

(ポイント!)
1、 肩に力を入れない
2、 息の流れを止めない
3、 丹田に手をあて腹式呼吸を意識する
4、目線は斜め上を見る
5、スタッカートなどバリエーションを変える
         

第二弾も変わった呼吸練習をお教えします!
強弱の付け方を呼吸練習でマスターしましょう!
では、お楽しみに・・・



Yucca
| キャロルハーモニー隊。 |
「 Cross Voce 第2回目 」
本日、2回目の合唱教室がありました。

今日のプログラムは、
(前半)
・リンパケア
・正しい姿勢とは
・呼吸法(腹式呼吸)
・リズム練習

を中心に行いました。

リンパケアは、固くなった筋肉を緩めてあげることが大切なので、耳たぶを軽く回した後に、顎の筋肉を前後左右に動かし首から肩の緊張をまずはほぐすことからスタートしました。


そして、Yuccaラジオ体操で血行をよくし体が温まってきた所で呼吸の練習。

腹式呼吸を中心にレッスンしていきました。



呼吸の練習が終わったあとは、音楽をやっていく上で一番大切なリズムの取り方を指導し、メトロノームを使い裏拍を感じてもらい楽器を使って叩いたり、輪になって一人ずつ1拍のリズムを正確に叩く練習をしたり、四分音符、八分音符や三連符の練習をしました。


なかなか、簡単にみえて正確にメトロノームに合わせて叩くのは以外にとっても難しいんです。

みなさん、なかなか苦戦しておりましたよ!




そして、後半はいよいよ共鳴の響かせ方や母音の使い方などを教え、


今回の課題曲は、
「ふるさと」、「アメイジング・グレイス」を歌ってもらいました。

ふるさとの前半部分はハモりの練習ができ、綺麗に三度の美しいハーモニーになっていました。

やっぱりハーモニーって綺麗にですね!


次回の課題曲はクリスマスに向けて、
クリスマスソングに挑戦してみようと思ってます。



| Cross Voce |
みなさん、こんにちは。
みなさん、こんにちは。
リビング新聞の記事で初めて私の存在を知った方も多いと思いますのでまずは自己紹介を!

クラシカル・クロスオーバー歌手のYuccaと申します。
クラシックをベースに癒しの音楽やロックとオペラを融合させたロックオペラまで幅広いジャンルの新しい音楽を歌っています。

*ちょっと私の世界を覗いてみたいかたは「YouTube」でYuccaを検索してみて下さい。

普段はソロ歌手としてステージに立っている私ですが、クリスマスコンサートをやるなら、是非、合唱という形でやってみたい!
そう思ってこの企画を考えました。

声楽を習い始めたのは小学5年生。
最初は人前で声を出すのが恥ずかしくて上手く歌えなかった私ですが、実は14年間も合唱を続けてきました。

合唱の魅力・・それは

一人では味わう事の出来ない生の歌声が何重にも重なるハーモニーの美しさ。

一緒に歌い上げた時メロディから伝わる音の厚みや深み、ダイナミックな迫力の興奮。

一つになった時の団結力がエネルギーに変わり達成感へとつながる至上の瞬間の共有。

・・・何か言葉だけでは伝えきれないのですが
今回はこうした合唱の楽しさ、歌というものの素晴らしさを是非みなさんにも味わって頂きたいという想いで「Yucca 七色のキャロルハーモニー」を、立ち上げました。


12月2日に舞浜東京ベイホテルクラブリゾートのアトリウムステージで歌うコンサート。

吹き抜けの高い天井から吊るされている赤と緑のベールに包まれながら素敵な空間で聖夜に歌うクリスマスソング。
みなさんと歌う合唱の美しいハーモニーを一緒に作り上げられる事を楽しみにしています。

私がかつてそうだった様に今回のレッスンを通して裏声の出し方、ビブラートの付け方、高音の使い方、呼吸法など徐々にと基礎の声量に近づいていき一つ一つの課題がクリアー出来ていくことの嬉しさや喜びを皆さんと共に味わっていきたいと考えています。

このCross Voceのブログでは12/2に向けてワンポイントアドバイスを連載していきます。

時間が無くて、今回の企画に応募できない方も是非このブログを参考になさって歌う事の楽しさを知って頂けたらと思います。

次回からはいよいよ実践編に移ります。

Yucca
| Others |
「 Cross Voce 第1回目 」
10月9日(火)からCross Voce(クロス ヴォーチェ)の合唱教室がいよいよスタートしました。
月二回(火) / 90分(10分休憩)のレッスンです。

前半40分・・・・正しい姿勢、呼吸法、リズム練習、Yucca流ラジオ体操など

後半40分・・・・発声法、声帯のストレッチ、歌唱など



一番、先ずは生徒のみなさんが楽しくできる事!

二番、そして体が自然と変化していく事!

三番、みんなで共有し合える事!



先ずは、何事も楽しく出来なくては前に進めないですよね!

Yucca流ではありますがこの3つにポイントをおいてプログラムを作りそれをもとにレッスンが始まりました。
正しい姿勢とは、毎日緊張している筋肉を緩めてあげる事から教えてさしあげました。
呼吸法は吸う息よりも吐く息が大切だという事。
どれだけ長く細く息を吐けるかで歌の上手い下手が変わってきます。
リズム練習も裏拍が音楽をやっていく中でどれだけ大切かという事・・・
発声は、喉声に注意!です。


基本練習をこれからどんどん指導していき、皆さんと一緒に楽しく目標に向かって頑張っていきます!
あっ、そうそう。皆さんと、コンクールを目指す約束を、なんとしてしまいました!


今回の歌唱は「翼をください」、「ふるさと」を歌いましたが、これから歌っていく曲集も生徒さんが歌いたい物を選んで頂いてどんどん歌っていこうと思っています。


[合唱の良さは とは]

・同じ時間、同じ場所、同じ事をみんなでやりとげ、協力して一つの物を作り出すという喜び、達成感を味わえる
・歌という表現活動で自分の力を出しきらせ、そのことで新しい自分と出会いを作っていく
・一人一人が大事な存在であるということ

そして、忘れてはいけないのが。。。

ハーモニーの素晴らしい美しさです!

私が小学校から合唱を14年間もやってきてやめられなかった理由はここにあります!

今回のCross Voce 合唱団は私がすべてご指導致しますので、是非、合唱に興味のある方は是非いらしてくださいね!

心よりお待ちしてます。


| Cross Voce |
Yucca official site