11月に入りクリスマスツリーの点灯式やイルミネーションがあちらこちらで光輝いています。


いや〜、


今年もやってまいりました!


Christmas!!!



いいですねぇo(^o^)o・・・

皆さんは今年のクリスマスをどのように過ごされますか?


恋人と・・・
お友達と・・・
会社の同僚と・・・
家族と・・・

きっと、色々な過ごし方があると思いますが、忙しくてもちょっと、一息、クリスマスソングを聴いてみてください!

クリスマスソングにはたくさんの夢や思いがつまっている曲が多いんです。


ムードたっぷりのラブソングやちょっと、切なくなってしまうような曲、イエス・キリストを讃えた曲、数々の名曲がたくさんあります。

今回は、この二曲を聞いてみてください。


・Oh Holy Night


この曲はたくさんのアーティストが歌っていますが、オススメな歌手は、やっぱりセリーヌ・ディオン・・・
甘くて優しい、ささやきvoiceで歌っています。
「Oh Holy Night」聖なる夜と題しているように、イエス・キリストが生まれた喜びを歌っている歌詞です。




・I'll Be Home For Christmas

歌詞の内容が少し悲しいですが・・・


クリスマスには帰るからね!
待ってておくれ!
君に約束するよ!
雪とヒイラギも用意して、ツリーの下にはプレゼントも忘れずに・・・
クリスマスには帰るから、待ってておくれ!

っと言うような内容の歌詞なのですが、
一番最後の歌詞がちょっと、悲しい・・・


たとえ、それが夢の中だとしても・・・


きっと、あなたの元に帰りたいのだけれど、帰れない事情があるのでしょうね!

この曲は1943年に第二次世界大戦の真っただ中、アメリカから遠く離れた太平洋戦線やヨーロッパ戦線といった異国の地で迎えるアメリカの青年たちがクリスマスを家族と過ごすことのできない様子を歌っている曲です。
なので、夢だけでも・・・っと、
きっと自分自身に言い聞かせていたのかもしれませんね。







| 千夜千曲 |